割安の生命/医療保険選びならまずプロFP(ファイナンシャルプランナー)による無料保険見直し相談をしましょう。生命保険の選び方は、生命保険の種類も増えますます難しくなっています。加入者に選ばれた会社は、まず生命保険に入るきっかけを与えた会社だといえます。その昔は、生命保険の外交員が保険の加入を勧めるために各家庭を訪問していましたが、現在ではネットで生命保険のプロFPの無料相談もできますのでこちらがおすすめです。生命保険選び/保険見直しのポイントを知りたい方はまずプロFPによる無料保険見直し相談からどうぞ♪
New Entries

プルデンシャル生命保険の評判はピカイチ

プルデンシャル生命保険は、米国最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャル傘下の保険会社で、わずかな掛金で加入できる労働者保険をアメリカで初めて販売した保険会社として知られています。日本では後発ですが、2004年にはあおば生命保険(旧:日産生命保険)を吸収合併し、営業基盤の拡大を図っています。

さて、この生命保険会社の特徴は、生命保険の専門家であるライフプランナーが、オーダーメイドの保障を提供してくれることです。一人ひとりの状況(年収や家族構成、将来設計など)によって、どの生命保険にどの程度入るかも異なりますし、状況の変化による保険の見直しや、保険金を受け取ることにおいても、一人ひとりにあった方法があります。そんなこだわりを持つプルデンシャル生命保険ですが、その商品や評判はどうでしょうね。

プルデンシャル 生命保険は、2006年週刊ダイヤモンド2/18号掲載の「生命保険会社信頼度ランキング」で、ソニー生保を抑えて1位になったことがあります。 また、ドル建て保険の「終身保険」と「リタイアメント・インカム」がおすすめです。ただし、円とドルの為替変動が影響しますので、まずは、ライフプランナーに為替リスクなど、しっかりと商品説明を聞いてみることをおすすめします。

最後にプルデンシャル生命保険へのクチコミをみてみしょう。「ライフプランナーさんの話を聞いて目から鱗でした。もっと早く知りたかった。個人に合った保険を提案してくれて、丁寧で誠実な対応でした」。購入するかどうかは個人の判断ですが、専門家の話を聞くのは大切ですね。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

生命保険の選び方と保障・掛け金・解約

生命保険の選び方の中で、けがと満期の積立金をメインにしている保険を選ぶ方法があります。また、家族がみんなが一度に入れる保険や、夫婦でまとめて入れる保険を選ぶことも出来ます。保険の加入の仕方にもいろいろな種類があるので、よく検討して加入したいものです。

生命保険の保障が充実していればしているほど、保険の掛け金は高くなります。終身保険でその保障を生涯継続させるなら保険の見直し時期ごとに保険金は高くなっていきます。将来の自分の状況をできるだけ予測して生命保険の選び方を考えたいものです。最初に掛け金をできるだけ抑えておくのがポイントです。

生命保険を途中で解約することはとても損をすることになります。生命保険は続けてこそ保障が受けられるようになっていますから、今まで積み立てた掛け金はまったくといいほど返ってきません。そのため、生命保険の選び方を間違えないようじっくり検討することが大切です。

いろいろな生命保険会社の商品を確かめた後、生命保険の選び方を検討し、最後に全労災や国民共済また郵便局の生命保険なども比較検討することが大切です。保障に重点を置くのか、掛け金に重点を置くのかをはっきりと決めて保険選びをするのがベストな選び方だと言えるでしょう。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

60歳からの生命保険を取り扱っている会社

60歳というと、それまで健康でまったく病気を知らない人もいますが、病気の経験者も少なくない年齢です。そこで、60歳からの生命保険を比較して、加入者の条件を詳しく調べるべきです。そして、加入した場合の保険の保障開始時期はいつか、も大事な要素です。加入後2年経たなければ保障されない保険もあります。

60歳からの生命保険を比較する理由の一つに、定年退職後に会社独自の保険に加入できなくなることがあげられます。会社に勤めている間には60歳か65歳まで掛けられる会社独自の保険が効力を発揮します。会社の保険は掛け金が安く保障が大きいことが特徴です。ところが、最長に掛けられる期限が短いと言えます。

生命保険を取り扱う会社がこれほどまで増えると、60歳からの生命保険比較はだんだん難しくなります。60歳からの企画商品もたくさん登場しています。しかも、保険会社の説明を見て保険に入った後、細かい字で記された約款が送られてきます。約款によると、すべての病気が保険対象にならない生命保険もあります。

最近では、あちこちに保険市場など60歳からの生命保険をすぐに比較できる店が出来ました。無料で色々な保険会社の生命保険について詳しく話を聞くことが出来ます。さらに、保険のプランナーに今一番人気のある60歳からの生命保険は何かと言ったことまで相談できます。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

cms agent template0039/0040 ver1.003